top of page
MIOKASAI
しせん -wave your LIFELINE-

05.11 Sat. - 05.19 Sun., 2024 
logo.png

5.11 opening party
wine serve by 混混
@konkon.ikejiri

笠井美緒
@miokasai_
幼少期よりタップ・HIPHOPダンス等身体表現を行う。歳を重ねるにつれ自身がシナスタジア(共感覚)である事を自覚し好きなバンドの音から連想される色を目で見たいという欲求から絵画製作を開始する。
現在はペインターとして日々生活の中で感じた価値観や思想を絵画で表現している。

2024年より製作を開始したシリーズ"LIFELINE"は、自分以外の人間で構成された世界だからこそ自身がいきたい世界を生きる。選択し、人生を紡いで行く事を絵画に落とし込んだ。
1人の人生にクローズアップしたLIFELINE "you"と様々な生命が行き交う"world"を東京での初個展となる今回INHERITGALLERYにて発表する。

MIOKASAI solo exhibition
"しせん-wave your LIFELINE-"

祖母に80歳ってどんな気持ち?と聞いてみた。
祖母はあっという間よーと言った。
子育てをしてる時間なんてすっこ抜けてた気がすると言って窓の外を見ながらいろんな事を思い出してる様だった。
私も今、祖母が思い出してる"あの頃(私版)"を毎日毎日紡いでるんだったと気がついた。
自分以外の者しか存在しない世界で、様々な事に出会い、影響されながらも今があの頃に変わっていく。

しせん
私、始、視、し
様々な出来事が飛び交う中、せっかくなら。
と自らの線を紡いでいく。

ほぼ全て新作の油画作品約20点。
絵の前に立ち、感じて頂けたら幸いです。

SHOGO FOLK SAKAI
STYLE

04.27 Sat. - 05.06 Mon., 2024
logo.png

2021年から名古屋、博多、浅草、加西と巡回し、C7C gallery(名古屋) の出版レーベルThing Pressから写真集をリリース後、札幌にも巡回してきたシリーズ"Style"として6回目の展覧会。
今回に合わせて写真集に収録している作品からセレクトし直し、また継続して同テーマで撮影してきた新作も交えて展示します。
以下、写真集ステイトメントより抜粋。

写真を撮る第⼀の理由として、⾃分の⼼が動いた瞬間を切り取りたい、残したいという欲求がある。

ブレイキン(ブレイクダンス)の魅⼒は、ダンス⾃体かっこよさや楽しさだけでなく、ダンスやその周囲のカルチャーを通して養われる感覚や⽣活、⽇常、⼈との繋がりなどにあると考える。
それを撮りたいと感じたし、意識せずとも撮った写真は⾃然とそういった瞬間ばかりだった。
その魅⼒を⾃分の写真を通して周囲の⼈にも感じてもらいたいと考え、ブレイキンにフォーカスした作品を多く作り始めた。

最近ではオリンピックの正式種⽬への採⽤など、ブレイキンのスポーツ的側⾯が⽇の⽬を浴び始めた⼀⽅で、書籍や𝖹𝖨𝖭𝖤、映像といった媒体など、カルチャーとしての側⾯が具象化された形で⾒受けることが少ないことは、否定できない現実である。
スポーツ的側⾯を否定するのではなく、その⼟台となっているカルチャーとしての側⾯も今⼀度⾒つめ直したい。

現役の𝖡-𝖡𝖮𝖸(ブレイキンをする⼈)であり、現在進⾏形でカルチャーの中に⾝を置く⾃分が、当事者の⽬線で切り取ることで⽣まれる魅⼒があると考える。

だから、写真の中で彼らはリアルな“𝖲𝗍𝗒𝗅𝖾”を放つのだろう。

shogo folk sakai
@f0lk94
B-BOY /写真家

大阪府出身、愛知県在住。1994年生まれ。
16歳の頃、ブレイクダンスを始め、
18歳の頃、一人旅に出かけたのをきっかけに写真を始める。
22歳の頃に訪れたニューヨークで現地のBBOYと遊びながら彼らの写真も撮ることで、BBOYの写真を撮る楽しさに気づき始める。
この経験を通して、ブレイクダンスを通じて培った感覚を軸に
"Living The Fresh Life"というテーマで日常の中の様々なシーンを切り取ることをライフワークとし始める。
その後、ブレイクダンスを写真作品として表現することにフォーカスした”Style”というシリーズを撮影するようになり、現在ではより場や風景とダンスの関係に着目した作品を中心に活動している。

YOHEI OGAWA
WATER and WOOD

03.30 Sat. - 04.07 Sun., 2024 
logo2.png

inherit gallery BOOKSとNOTE WORKS での2会場同時開催と言う事でそれぞれ違う内容で展示させて頂きます。

inherit gallery BOOKSでは水平線の向こうから流れ着いた木材や役割のなくなった木片にペイントした作品や

僕の感じる海の雰囲気をキャンバスに描いた作品など、哀愁と漂いと潮の香りを感じて頂けたらと思います。

NOTE WORKS では作品にも登場する岩を木で具現化してもらい不思議な立体物を制作して頂きました。

また水面の反射のイメージで鏡も制作してもらいそこにペイントを施し、

作品でもありますが実用性も兼ね備えたNOTE WORKS ならではのクオリティで作品を制作して頂きました。

小川 洋平

1985年新潟県寺泊町出身静岡県在住。

かつて観光で栄えた地元の街並みが年々衰退していく景色や取り残された人工物の哀愁を作品に落とし込んでいる。

現在生活と制作のベースになっている静岡で見る海や空の雰囲気も色濃く反映されて、作品制作が日々楽しさを増しております。

@ogawayohei

YUMINGROW
YUMINGROW
03.02 Sat. - 03.10 Sun., 2024
logo.png

佃 勇海(つくだ ゆうみ)

通称 yumingrowはペインターであり、プロのBMXライダーとして知られている。

自転車に乗ることに対するユウミのユニークなアプローチは完全に彼独自のものであり、彼の絵も例外ではない。

彼の絵画はキュビズムの形式的かつ構成的な戦略を借用しており、そのパレットと抽象化されたイメージはユウミだけが夢見ることのできる世界を反映している。

それが彼の絵に描かれているのか、自転車の動きに描かれているのかに関わらず、ユウミが他の人たちとは異なる世界を見ていることはすぐに分かるだろう。  

 

Yumi Tsukuda, better known simply as 'yumingrow' is a Japanese painter and professional bmx rider. Yumi's unique approach to riding a bike is entirely his own, and his paintings are no different. His paintings borrow the formal and compositional strategies of cubism while his palette and abstracted imagery reflect a world only Yumi could dream up. Whether it is captured in his paintings or his bike 'surfing' one can quickly tell Yumi sees the world differently than most.